2014年11月7日金曜日

現地研究in道東


こんにちは!!エコぴょんだよ!!

嘘です。渡邉です。

現地研究に行ってきました。人生初の北海道!!
道東のヤバさを体感してきました。

釧路を目指し、まずは成田から新千歳へ
LCCすごいね。成田から新千歳までよりも新千歳から釧路までの方が高いという・・・

表定速度最速の在来線「スーパーおおぞら」で釧路へ
この電車よく急ブレーキがかかります。
線路に鹿など野生動物などが飛び出してくるので。

あと、車両炎上や脱線事故などもよく起きる。さすがJR北海道

釧路に到着。SB後集合場所の空港へと向かう。
釧路の夜は寒かった!!

鶴が出迎えてくれました。

現地研究スタート
これから3日間バスで100km以上の移動が続く。
初日は釧路湿原、霧多布岬を見た後に中標津を目指します。

日本最大湿地帯にしてラムサール条約指定地の釧路湿原

デケェ、何もねぇ



その後は中標津を目指し北上


厚岸にてふざける先輩たち

厚岸の牡蠣は美味しかったです。


霧多布湿原
抱いた感想は釧路湿原と同じ

てか、晩秋に湿原にいってもただの草むらだから!!
行くなら春か夏だね。

火曜サスペンスに出てきそうな霧多布岬
手前の道道1037号には驚いた。どんだけ道があるんだよ!北海道


翌日
中標津から開陽台展望台や野付崎、羅臼、知床峠など経由して宇登呂を目指す。


開陽台展望台にてふざける先輩


天候に恵まれないのが気候の巡検の特徴
この日はまさかの西高東低の冬型気圧配置

おかげでこんなものが・・・

知床半島に並列して発生する雲
風下波動(ハイドロリックジャンプ)の影響

まさかの羅臼だしの吹走条件がそろう。


ただただ牧草地が続く


日本最大の砂嘴 野付崎へ

MAPで見ると凄さが分かる。
現在地がおかしい。




可愛らしい絵に強烈な標語のコントラストが印象的な看板


羅臼へ!!
途中、みぞれやら雪が降ってくる場面も

冬型気圧配置下の為、絶賛羅臼だし吹走中

おかげでこんな光景が・・・

強風に巻き上げられた海水によって発生した虹


風下波動により発生した強風による海水の巻き上げ
英語にすると
The rolled up of seawater by strong wind generated by hydraulic jump
気象用語は英語にすると無駄にかっこいい。


雪のため知床峠が通行止めに
そのため、140km迂回して宇登呂へ

100km以上走って出会った信号はわずか8つ

バスの運転手さんお疲れ様です。

大しけのオホーツク海

最終日
宇登呂から摩周湖などを経由して釧路を目指す。


宇登呂のアメダスと佐藤先生
バスが止まるとすぐにアメダスの観測点の近くに駆け寄る先生
ホント、年齢を感じさせないほど元気です。


羅臼岳にかかる笠雲
矢印は路肩の位置を表す標識ですね。
大きい道路の殆どについてます。

知床八景 オシンコシンの滝

近くから見るとこんな感じ

その後は斜里の方へ

天へ続く道
直線の長さは

「18kmや」
「・・・何・・・・・だと・・・・・・」

このネタを分かる現役部員はたぶんいないと思うと少し寂しい。

周りはビート畑が続きます。

裏摩周展望台から見た摩周湖
裏摩周展望台がマニアック過ぎて我々以外に誰もいない・・・
かつて透明度世界一を誇った湖として有名ですね。


硫黄山
かつてこの近くの売店の
温泉卵の売上がヤクザの活動資金になっていたとか。

屈斜路湖
釧路川の源流でもあり、砂湯周辺は温泉で有名
砂を掘るとほのかに暖かい。

白鳥
かなり人に慣れてる。

美幌峠からみた屈斜路湖
カルデラなのが分かります。


美幌峠のおみやげ屋さんにて
果たしてこれは著作権的にいいのだろうか・・・

無事に釧路に到着
途中、鶴居という村のそこら辺に鶴がいて驚かされた。
道路脇には鹿がいるし、北海道はでっかいどう!!




2014年10月8日水曜日

イカスミバーガー&カマンベールチキンフィレオ

初めまして1年の中山です。
初めてのブログ投稿となります。
秋合宿ではブログ担当になったので、まずはこの部員ブログで肩慣らしをと思い
投稿させていただきます。

詳しい個人プロフィールは法政ワンゲル公式HPの方をご覧ください。




さて、昨日6日にバイト先で新商品の試食をいただきました。
10月8日発売の新バーガー「イカスミバーガー」と「カマンベールチキンフィレオ」です

左がカマンベールチキンフィレオ、右がイカスミバーガーです





















まずはイカスミバーガーから。。
パティを2枚使用しているので食べ応えがあります。
今回ソースを2種類使っているのですが、真っ黒のソースの方は
味が強めです。ちょっと食べづらいかな?といった印象。
このバーガーはフライドオニオンという素材を使っています。
これがなかなかおいしい。
チーズとのコンビネーションもまた素晴らしい。

評価:★★☆☆☆






















続いてカマンベール。
以前フランスバーガーという商品がありましたが、
完全にその二番煎じです。
ただ今回は前回のハムに変え、レタスとオニオンを使用しています。
こちらはイカスミとは違いあっさりした味。
カマンベールチーズと野菜、そしてチキンとがうまく合わさっています。
ただ、こちらはこちらでちょっと味にインパクトが足りないかな?
といった印象。

評価:★★☆☆☆





以上2点が10月8日からの新バーガーです。
ぜひ皆さん店頭に足をお運びください。










2014年9月6日土曜日

背中

皆さんおはこんばんちは
2年の久保が久々の投稿をします

さてみなさんは自分の背中がどんな感じか見たことがありますか?
おそらく気にしたこともないと思います

私がふと背中がどうなっているかを知りたいと思ったのはつい先日のこと

いつもの津田沼のクライミングジムにて
スタッフの人がブログに載っていた自分の登っている後ろ姿を見てそのゴリゴリ具合にドン引きしたという

私はあまり筋肉がついていないのでゴリゴリではないと思ったのだが確認してみることに
ちなみに私の周りにはゴリゴリのマッチョが腐るほどいます
それと比較していたからなのだろうか

まあまずは問題の私の背中の写真
服を着ているとこんな感じ
意外と上腕に筋肉がついています

そして服を脱いでみたら・・・
 ・・・!?
何これ・・・
第一声は「キモッ」でした
肩とか予想外に盛り上がってるし、背中もなんかキモいですね

周りがマッチョなせいなのか自分は霞んでいましたがここまでとは・・・

皆さんも自分の背中を見てみてはいかがでしょう
意外な発見があるかも・・・

ではでは

2014年8月30日土曜日

今年、最後の熱いグランツール ブエルタ・ア・エスパーニャ 開幕中

こんにちは。暇人生活も明日で終わりのロードレース大好きの渡邉です。
夏合宿後、怒涛ブログ更新も今日か明日で終わりです。

今回の題材は現在開催中で非常に熱い戦いが繰り広げられているブエルタ・ア・エスパーニャです。
チームタイムトライアルで優勝したモビスターの選手たち


自転車レースではグランツールと呼ばれるレースが3つあります。
・5月のイタリアで行われるジロ・デ・イタリア
・世界三大スポーツの1つであるツール・ド・フランス
・スペインを舞台に行われるブエルタ・ア・エスパーニャ

の3つで、いずれも全21ステージの長く厳しい戦いを強いられます。

これだけ長く厳しい戦いを強いられると総合優勝を狙える選手やチームはかなり絞られて来ます。
UCIプロツアー全18チームの中でも今年のグランツールで優勝狙えそうなチームとしては
・今年のツール覇者ニバリが率いるアスタナ
・昨年のツール覇者フルームが率いるSKY
・今年のジロの覇者キンタナが率いるモビスター
・グランツール5度の優勝を誇るコンタドールが率いるティンコフ・サクソ

他にも力のあるチームはいっぱいあるけど総合を狙えるチームはこのくらいです。

基本的に多くのチームは知名度の高いツール・ド・フランスで勝ちにいきますが、今年は色々と事情があってアスタナ以外の上記の全チームが優勝狙いなので激戦が繰り広げられています。

まずはSKY。去年のツールを圧倒的大差で優勝したフルームですが、連覇をかけて全力で臨んだ今年のツールは落車リタイヤということでこのままじゃ終われません。野球でいえば巨人とかヤンキースみたいなチームですし。

続いてモビスター。地元スペインを本拠地とする昨年のUCIプロツアーチームトップの成績を誇るパワフルなチームです。キンタナとバルベルデのダブルエースで挑みます。キンタナは風邪を引いていて調子はイマイチですが、代わりにバルベルデが大暴れしてます。ジロの時もキンタナは風邪を引いていたので油断はできません。

次にティンコフ・サクソですが、今年のツール優勝を狙っていましたがコンタドールが落車リタイヤ。マイカが山岳賞を取ったもののスポンサーがCannondaleを買収したりして今年でチームは解散。
コンタドールは総合は狙わないと言っていますが、チーム最後のグランツールでスペインはコンタドール地元。何もなく終わることはないはずです。


個人的に優勝の予想はやはりキンタナですかね。
モビスターは力のあるチームですし、バルベルデがいることで戦術の幅が広がります。ダブルエースはかなり強いと思いますよ。(チーム内でもめなければ)
逆になぜ、全盛期のシュレク兄弟が勝てなかったのかが不思議(TT遅いからですかね。)



Night cycling

こんにちは。夏合宿から帰ってきてから精神状態が安定しない渡邉です。
ここ最近悪夢を見るんです。内容としてはいやいや、晩秋に光岳に登らされ夢とか甲斐駒の黒戸尾根をOBに激を飛ばされながら登る夢とか。
新学期が始まるまで山に篭ってた方がいいのかもしれませんね!!(実家とか実家とか)
まあ、9月からはインターンがあるのでそうも言っていられないのですが。

今日は家でゴロゴロしてたんですけど、夕方の6時頃に発狂(´゚д゚`)エー
雨が降る中、宛もなく普段使わない道使って千葉方面へ。
本能が赴くままペダルを漕いで辿り着いた場所は・・・・


稲毛の浜!!
俺は海が見たかったのか・・・(@_@)

写真だとやけに明るいですが結構暗かったんで海沿いの夜景は綺麗でしたよ。
また、平日の夜ということもあって結構静かで落ち着いた場所でした。冬になったらまた来ようかな。

行きも帰りも遠回りしたので30km程の旅になりました。40km以下だと簡単にどっかに行けるのも自転車の楽しみかもしれませんね。

追記:登山研修所のホームページに春山研修の写真が上がってたので載せてみました。
立山の景色は最高でしたよ。楽しむ余裕はなかったですが。
左手前は剱岳。奥は後立山連峰の山々です。

スキーを背負って兼用靴での鎖場の通過は結構緊張しました。

研修に参加すると非常に勉強になるので後輩達にもぜひ参加して欲しいですね。





2014年8月28日木曜日

秋合宿に向けて-自転車整備①-

こんにちは。自転車の価格No.1の座を1年の鈴木に奪われた渡邉です。


今回は自転車整備のお話です。
なぜ自転車整備の話かというと夏合宿から帰ってきて自転車に乗ってみたら色々と問題が、、、
ということで2時間程かけて整備してみました。

まず、一番の問題が後輪のフレ(歪み)です。
これに関してはスポークの張りを調整するのが一般的。
ニップル回しを使ってスポークのテンションを調整します。お店で500円位で買えます。
慣れれば簡単なんですけど、慣れないと難しい作業ですね。
今回は3回目ということもありあっさりとできましたが、初回はどれほど苦労したことか。

あとはブレーキシューの交換とリアディレイラーの調整を行いました。
ブレーキシューはTEKTROのものからULTIAGRA6700シリーズのものに買えてみました。
私の乗ってるDEFY3はコンポはsimanoのSORAで構成されてますがブレーキだけはTEKTROとコストカットの影響を受けてます。シューだけ交換してみましたが効果はあんまり・・・。ブレーキごと交換したほうが良さそうです。


リアディレイラーの調整ですがディレイラーのネジを回して調整します。
これもちょっと難しくて時間の掛かる作業です。まあ、調整を怠ると痛い目を見ます。
以前、調整をサボったのが原因でリアディレイラーとディレイラーハンガーを粉砕しているので念入りにおこないます。

ブレーキシューを買うついでにツールボックスを新調しました。
ただ思っていた以上に容量がない。使い勝手とデザインはいいですけどね。

乗ってみた感じはだいぶ良くなりましたね。今後は秋合宿に向けて部の自転車も整備しないといけません。一番やっかいなのは戸口君のCannondaleのクランクアームの交換ですかね。他にもMTBのタイヤのオンロード化なんかも考えないとダメかも・・・。


2014年8月26日火曜日

夏合宿終了!!

こんにちは。主将の渡邉です。
長かった夏合宿が無事に終了しました。
今年は雨が非常に多く環境的に厳しい合宿になりましたが、無事に南アルプスの3000m峰全山と百名山9座を制覇することができました。

合宿成功の一番の要因を上げるとすれば一年生の強さでしょうか。
雨にも負けず、風にも負けず、コースタイム10時間以上の行程にも負けずに前を行く先輩の背中を追う1年生の姿勢には脱帽です。

活動記録ブログの方ですが、2年生3人が仲良く分担して書くとのことですので少し時間がかかりそうです。また戸口君が合宿中に取った動画を編集してくれていますので、そちらの方もお楽しみに。

2014年8月6日水曜日

決起集会!(為村視点)

こんにちは、最近話題の二年為村です。最近また猛暑ですね、愛猫(妄想)のプルも完全にノビてます。冷夏が騒がれていたのが嘘みたいです。

さて、昨日夏合宿へ向けての決起集会が開かれました(今思うと写真撮っておけば良かった…)

まず、部室で一年から山の事前講習を受けました。それぞれ形の違った特徴ある内容でした。中でも渡辺晃平君(部員紹介でチェック!)の発表は感情移入させられるほど素晴らしい内容でした。その後集金をしました。今回私がマネージャーです。大金を持つのは怖いですね、手の震えが止まりません…

その後、最後の晩餐(仮)へ!

今回前主将の鳥居さんと前主務の太田さんが忙しい中来てくださり(ありがとうございます!)、賑やかな集会になりました。

さて、題名に為村視点と書いてありますが、今日が主務の戸口さんの誕生日であるだけでなく、一昨日が私の誕生日、ということで、半分は誕生日会(おいおい)だったので、そう名付けました。他の視点からも報告があるかもしれませんね[壁]ω・)
そして嬉しいサプライズ。鳥居さんと太田さんからウイスキーとケーキをいただきました! 戸口さんがウイスキーを、私がケーキを持ち帰りました。バッグに入らないほど大きなケーキで、手に持って帰りました。満員電車や駅の降り間違えなど苦難もありましたが、崩れることなく守り抜きました! 

そして、現役部員からは登山用のズボンをいただきました! 
ジャージがデフォの私にとってはまぶしい品物ですね。早速夏合宿で活躍してもらいます! そういえば、去年の夏合宿には綿シャツにジャージと、中々ハードな格好で行ったものです。成長したなぁ。

ついていくので精一杯だった去年。今年は二年として、自分のことだけでなく、部全体を意識して行動できるよう、この合宿を充実したものにできるよう頑張る所存でございます。

というわけで、レポートでした。

2014年8月5日火曜日

ピューと吹く何か



 こんにちは、先日チェッカーズを踊った2年の為村です。私はああいう親世代の曲も好きです。ボーリングと合わせていつか他の方ともお手合わせしたいものです。ちなみにボーリングでの持ち技は「スナイパーショット」です。助走を小走りにし、その運動エネルギーを使い、しゃがんで手首のスナイプ加減で投げる投球フォーム。イメージ的にはカーリングみたいなものです(・ω<)
 さて、今回紹介するのは篠笛です。篠笛とは横笛の一種で、一般にお祭りの時に吹く笛です。私もお祭りで毎年吹いています。どんなのかイメージ出来ない方もいらっしゃるでしょうから、画像を載せます。
私が使っているのはそれぞれの穴の大きさは同じです

大きさ、形いろいろありますので、紹介は簡単にします。詳しくは下のリンク等で御覧ください。
http://homepage2.nifty.com/iwatake/about/variation.html
大きさは「○本調子」という形で表されます。数字が大きいほど高い音域になります。
私が使っているのは「二本調子」です。かなりの低音ということになりますね。どれくらい違うかと言うと、八本調子あたりで地声で出している音を私は裏声で出しているという感じです。なので、余計に疲れると思いますし、よく酸欠っぽくなります。
二本調子の音源がないので、私が吹いたやつを載せてみようと思います。リンク先に三本調子~十本調子の音源があるので、聴き比べて見てください! 多分PCとかじゃなきゃ聴けないでしょうケド…
低い音と高い音(祭りの時の音域)でお囃子の始め部分です。




 さて、今私は中学一年生にお囃子を教えています。私も後一週間足らずで二十歳。そろそろ神輿も担ぎたいなぁとか思う今日このごろ。後継ぎとして成長してくれることを祈りつつ、今日も私は、ピューと笛を吹く。



つまらない文章にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

2014年7月28日月曜日

為村先輩日記

はじめまして!一年の遠藤です。
今回は2628日と、都合の合った一年生+為村先輩で遊びに行ってきました!
為村先輩の連れ回され記録を写真担当の望月カメラマンと女子二人でお送りします。

26日は日本最古の花火大会と言われている隅田川花火大会
最初は部室に残っていた1年生で行こうということだったのですが、たまたまそこにいた為村先輩も連行(ちょっと嫌がってた)
人混みが凄かったのですが、やはり別格でした。


28日は望月さんと私と三人でカラオケに行ってきました
為村先輩歌すごく上手です!が選曲が古い・・・チェッカーズを完璧に歌う先輩はおいくつなのでしょうか?
video

私と望月さんに言われて踊ってくれた為村先輩(ちょっと嫌がってた)
必見です


そのあとはボウリングに

ボウリングも上手でした。不調だと言っていましたがそれでも先輩の最高スコアは145でした!
ちなみに私の最低スコアは23です・・・・・・おかしいな。



二日を通じてボケまくる私と望月さんに、あきれつつもちゃんとつっこんでくれる優しい為村先輩でした。ありがとうございました♪予定が合わなかったりで人数が少なかったので、今度は他の人も一緒に行きたいな~。

普段は頼れる先輩ですが解散後新宿で迷子になったみたいです。地理学科なのに!

2014年6月18日水曜日

たまには空を見上げてみよう

こんにちは、初めての投稿になります、気象担当の二年為村です。
今日は一週間ぶりに天気図を書いた後、新練合宿前の臨時集合をしました。
トレーニング…ではなく、みんなで天気図を書きました! 新人は、事前に書かずに合宿でぶつけ本番なんてことになったら大変ですからね。(もちろん事前に自分で書くようにとは伝えましたが、臨時合宿等の影響で全体ではなかなかやれず)

さて、いざ本番! …と思ったものの、時刻は19時30分。当然放送はしてないので、私が読んで書いてもらうことに。22分間(あれ、おかしいな)とやや長い放送後、20分間で仕上げてもらいました。
今回はバイトだった1人を除く新人5人と渡辺主将に書いてもらったのですが、結果は二極化。当然ながら、主将が一番よく書けていました。やはりキャリアがものをいいますね。全部で30分で仕上げてました(それ故のミスもあったわけですが)。新人女性陣2人も比較的よい出来でしたね、いくつかアドバイスしたところを考慮して経験を積めばよさそうです。
ただし、新人男性陣は…(察し) メモは天気図裏じゃなくて脇か他の紙に書こう!
中には白紙同然の人もいました(゜o゜;。残り期間わずか、しっかり練習してほしいです。
全員の天気図を載せようかと思ったのですが、ほとんどの人に拒否されてしまったので、先ほどから偉そうな口をたたいてる私の天気図を載せておきます。

合宿ではとても大切になってくる天気図。基礎をしっかりマスターして、正確に明日を占いたいですね。

以上、まとまりませんがレポートでした!

2014年6月12日木曜日

厳冬・利尻 究極の大滑降 

こんにちは。3日連続投稿の渡邉です。

蒸し暑い日が続きますね。蒸し暑い日が続くと冬の寒さが恋しくなります。

今日は山スキーのお話です。
最北の百名山といえば「利尻岳」 

標高1700mほどの山で夏は一般の登山者も登れますが、厳冬期は北海道の北に浮かぶ独立峰ということで気象条件は過酷を極めます。

私の行ってみたい山の一つです。

総合滑走家こと佐々木大輔さんが厳冬期の利尻岳滑走に挑んだ番組
NHK・BSの「厳冬・利尻 究極の大滑降 」


1年前の番組ですが、景色、スキー、登山技術共に圧巻の作品です。
興味のある方はぜひ一度見てみてください。


この番組に出演している佐々木さんは登山研修所の講師もしており、春は山スキー班を担当することもあります。

そのせいか番組内ではお世話になった講師の方もチラホラと。